猫好きが犬を飼いまして~ひなずな黒白日記〜

MIXひなとボーダーなずなと、時々保護わんこ

カテゴリ: 保護犬ハンク




2021年も明けて、
すでに15日。

15日と言えば、『成人式』
と思っちゃう世代ですけども
そんなことより何より
また、緊急事態宣言。

どないしたもんかなと、
でも、どないもこないも、
今年も変わらず、
尻尾たちが穏やかに過ごせるようにと、
そのためには、
私の健康がまず第一だと、
思う次第です。


さて、今日のこちら地方
とても穏やかで暖かいのですが
2021年一発目の投稿は
先週の雪の日の画像から。



1610005971070

ハンクじぃは、
寒い日用に買ったロンパースと
ご支援品の黄色いカッパで散歩。

シマシマだと、どーしても
囚人服みたい、
と思っちゃう世代(・∀・)





DSC_7278

黒い毛玉はひなさん。
失礼、ウ〇チ中です( ̄∀ ̄)

雨嫌いだけども
雪だと平気なんだな。




DSC02187

なずなさんの散歩は夫さん担当なので
雪の写真なし( ̄▽ ̄;)

温かい部屋で
私に弄ばれてるの図でも。



♪い~ぬはよろこび…
というわけでもなく
いつもと同じテンションの
マイペースな黒白組でした。

2021年もよろしくお願いします。



こちらもよろしくお願いします




ランキングに参加しています
小さいワンコか大きいワンコを
ポチッとしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村



こちらもよかったら覗いてみてね

日々いろいろ多頭生活ブログ







2020年最終日に
ちょっと真面目なお話。

(いつもふざけてるわけでないけども)

保護犬ボランティア団体
BCRN
(ボーダーコリーレスキューネットワーク)に
いつもご協力ありがとうございます。



DSC01994

なずなもBCRNで保護されたコ。
たまたま縁あって、
うちのコになったのをキッカケに
現在、私もBCRNにて
保護活動のお手伝いをさせてもらってます。



16093924094791

ハンクがうちの3代目の
預かり犬です。



BCRNはいわゆるシェルターを持たず
サポーター個人宅で
預かりをします。

でも、様々な理由で
家族から手放されたり
ブリーダーから遺棄されたりしたコ。

中には譲渡が難しいコが
やっぱりいます。

そんなコはどうするの?
サポーター個人が
一生世話するしかないの…?



DSC02065
そのベッドの使い方
逆がいいと思うな。




この尽きないテーマに
勇敢に立ち上がった
あるサポーターがいます。

一般譲渡が難しい犬にも、
自由に走れ、
犬らしく過ごせる環境を
作ってあげたい!


その思いで、2020年10月
DSRN
(ドッグシェルターレスキューネットワーク)が
設立されました。



DSC01925
寝てる写真が多い、じぃ。
2021年は良いご縁がありますよーに。




詳しい経緯や日々の様子は
DSRNのホームページから⇩




でも、シェルターの整備に
とてもお金がかかります。
そこで、
クラウドファンディングでの
ご支援のお願いです⇩




私には、シェアするという
お手伝いしかできないけれども
1人でも多くの人に
伝わることを願って。



ボーダーコリーだけでなく
ワンコを愛する皆さま、
今年も1年ブログを読んでいただき
ありがとうございました゚*。(・∀・)゚*。

また2021年も、
よろしくお願いいたします.+(〃ノωノ)゚.+°


20201231_180513-COLLAGE







ランキングに参加しています
小さいワンコか大きいワンコを
ポチッとしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村



こちらもよかったら覗いてみてね

日々いろいろ多頭生活ブログ






受診備忘録、ハンク編です。
(長くなります)

じぃちゃん、本当に体調よく
穏やかに過ごしていたのに
神様か何者かにか分かりませんが
またしてもワタクシ試された気分。
気抜くんやないで〜、と。

ハンク、火曜の夜
預かり中2度目の発作、
起こしました。

ちなみに1度目は⇩






DSC_7236
金曜の待合室にて。
ハンクんは優雅な(?)オスワリやフセの
姿勢ができずこんなんです。




私は2階リビング
ハンクんは1階の廊下にいるので
いつも私の片耳は階下のほうに
向いている感じ。

火曜の夜11時頃、
オシッコしたいとか寝返りを打ったとかの
いつもの感じとは違う物音。
何かよからぬことが起きたと感じた。

1度目のように足をバタつかせてはいない。
どちらかというと静か。
でも、前足と顔が不随意な感じで動く。
意識あるのかないのか分からない。
後ろ足は持ってみてもだらんと脱力してる。

ぶふぅぶふぅという音の
口を膨らますような息とともに
だんだんヨダレが泡状に。

前と違うけど、発作だと気付き
体全体を確認すると
オシッコで足とマットが濡れていて
ウンチも出ていた。
嘔吐はなし。

そこで夫さんに録画を頼む。



DSC_7234
おゲンコさんで歩き回ろうとして
また隅へ戻される。



10分か15分そんな様子で
完全に目が覚めた感じ。
その後は、
前回のようにパニックにはならず
起き上がろうともがくわけでもなく
舌を出したまま荒い息を繰り返すだけ。

なので、しばらく頭や首まわりを
なで続けました。
完全に落ち着いてまた寝始めたのは
小1時間後くらい。

今回はそんな発作でした。

次の日も朝からいつもの調子で
散歩も食欲もいつもどおり。



前回と違う発作の出方だったので
受診して動画も見てもらい
念のため血液検査をしました。

体重 16、7kg
一時18kgまで増えてましたが
また保護当時に戻ってました。
食欲は変わらないんだけどな〜。



DSC_7239
受診後のおつかれ。



で、血液検査の数値は
見事に正常値の健康体
(肝臓も、倒れた時からは
考えられないくらいの大復活)

痙攣発作の起こる原因のいくつか、
血糖値低下や尿毒症ではない。

前回も言われたけれど
不整脈でも起こるが確かめようがなく
聴診器で心音を聞く限り異常は認められない。

そこから出てくる推察は
やっぱり脳神経の何らかの異常。

脳のどこかある部分の異常信号。
(今回のは大脳ではないかと)



DSC_7250
ハンクんのために
猫額庭に防水のシェード張りました。
これで雨でもトイレ可よ(^・o・^)ノ"




いわゆる、てんかんではないのか?
という疑問。
てんかんは遅くとも5歳までに
最初の発作を起こすそうです。

ハンクん、分かりませんよね~
保護犬だもの。

ある程度歳をとってからの
脳神経からきてる発作の場合は
脳腫瘍の可能性もあるんだとか。

結局、頻度が重要になるので
月1回以上、または3ヵ月に2回以上
発作を起こす場合には
何らかの治療をしていくことになるそうです。



DSC_7223


爺や。
いろいろ経験させてくれるおかげで
動揺しないでいられるよ。

これからも、何でも
ドンと来〜い_( _。Ò᎑Ó)_



ということで、2020年もあと少し。
ハンク預かりも10ヵ月を過ぎました。
痛いとかしんどいとかいうことが
また、もし起きたとしても
一緒に乗り越えていこーぞ( ‐ω‐)b




ハンクの余生を
共に歩んでくださる家族が見つかりますよう
応援お願いします!



ハンクじぃさまの家族募集中
詳細は⇩こちらサイトから
http://www.newbcrn.jp/web/resBORDERs.html



ランキングに参加しています
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村




このページのトップヘ